pull

pull

mob(大抵は1体)をpop位置から味方groupcamp地点まで牽引する行為のこと。

「引く」「釣る」などと呼ぶ事もある。

pullを利用したcamp行動

pop地点や敵密集地帯からmobを少数だけ引き離し、groupが有利な状況で戦闘を行えるようにするのがpullの目的である。

groupからpull役を一人(もしくは少数人)選出する。pull役は魔法・遠隔武器・挑発(voke)などの手段で、攻撃を受けない位置からmobに敵対行動を行う。するとmobpull役に反撃を試みるので、これをcamp地点まで誘き寄せてgroupと合流し、mobを返り討ちにする。

これがcamp行動の基本となる。

pull役にはmob探索スキルを所有し、遠隔攻撃を得意とする職業(Hunterなど)が向いている。魔法使いは基本的にmeditationで移動できないことや、healerとしてgroupから距離を保ち移動しないケースが多く、索敵の為に動き回るpull役と兼任することは難しい。*1

あまり一般的ではないが、戦闘終了間際にpull役が戦闘から離れ索敵を開始し、戦闘が終了するのとタイミングを合わせ新たなmobcamp地点にpullしてくることで間を空けずに戦い続ける、というプレイスタイルも存在する。プレイヤーもキャラクターも休憩なしで戦い続ける事になるので、ペースなどについて事前の打ち合わせが必要となる。

ボスとpull

古いゲームの中には、ボスと伴って出現する護衛のmobもこの方法で引き剥がせるゲームも存在した。最近のゲームではmobにもgroupに似た概念が導入され、同じgroupmobが戦闘に入った際は距離に関係なく戦闘に参加してくる、引き剥がしてもテレポートで戻ってくるなどpullを無意味化する仕様であることが多い。これはゲームバランスを維持する為の措置である。

逆に護衛をうまくpullしてボスgroupの攻撃力を分散させることを攻略に取り込んでいるゲームも存在する。

pullの概念が存在するゲームの特徴

  • モンスターの索敵手段が単純な距離ではなく視覚/聴覚/嗅覚などに分類されていることが多い。
  • mobとプレイヤー間の速度がほぼ同速度となっていることが多い。
  • 立ち止まる・座るなどの休憩行動によって速やかな自然回復が可能な仕様であることが多い。

*1FF11の最終LvであるLv75に到達した後に行われる、補助経験値(メリットポイント)を取得するためのleveling group("メリポ稼ぎパーティ"と呼ばれる)で、吟遊詩人や赤魔道士といったenchanterがpull役を兼任することがあるが、meditation(ヒーリング)をする必要がない場合に限定される。

  • 2006/11/23 17:24:47 釣り
  • 2006/11/23 17:31:16 pull